About


Ξ  here to stay について  Ξ


here to stay は、合同展示会に出展するためにジュエリーブランドとして立ち上げたのが始まりでした。

最初は、展示会に出展することがゴールと考えてました。

そして、いざ動き出すと私一人では手が回らず、前に進むことができませんでした。

多くの友人の力を借りてなんとか出展できましたが、前述したとおり、開催当日にゴールかのような達成感を覚えてしまいました。

そこからピークアウトしていってしまいました。

開催期間中は、バイヤーの方とどう接したら良いのか分からず、次へ繋がるような関係を築くことができなかったのです。

つくることはできても、そのつくったものに対しての思いや考えが曖昧でした。

しかし、それでも私がつくったものは展示会のオーディションに合格したのです。

私のつくるもののセンスが認められた。このことは、今でも自信になっています。

その後、ブランドとしての here to stay は事実上休止状態となりました。

会社員だった私は、会社の工房でオーダーメイドのジュエリーをつくることに専念していきました。

一人のクラフトマンとして、指示書どおりのものをつくる毎日。

それはそれで充実していました。しかし、そこには私自身の中から溢れるデザインもクリエイティビティもありませんでした。

それに加えて、お客様がどのような気持ちで何のために依頼してくるのかが見えないため、悶々としながらただひたすらに納期に追われながらつくっていました。

そのような日々の中で、たまに届くお客様からの直筆で書かれた感謝の手紙を読むと、その時ばかりはこの仕事をやっていてよかったと胸が熱くなりました。

手紙の内容によっては涙が出ることもありました。

それは、お客様がわざわざオーダーメイドでジュエリーを依頼するという人生の大切な時を垣間見れるからです。

手紙に書かれた短いメッセージですが、本当に心に響きます。

大袈裟かもしれませんが、それはもうラブレターをもらったかのような気持になります。

このような体験から、私自身も直接お客様とコミュニケーションをとり、お客様の要望を私のフィルターをとおして形にできればと思い立ちました。

あれからずっと夢に見て過ごしてきました。

そして、2020年。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中ではありますが、自分を表現する場をつくり、そこを必要とする人々にとって意味のあるお店をつくろうと思います。

訪れていただいた方に私の想いが伝わるように、お店のクリエイティブには多くの意味を込めて、ユニークな空間にしています。

是非、お近くの方はお越しください。

難局の中でのスタートになりましたが、ここからたくさんの笑顔と幸せをつくりだしていきます。

2020年5月 

 here to stay 谷口堅一郎



Ξ  Philosophy  Ξ


《 ロマンチックな想いを届ける、その想いは記憶に残る体験に 》

私は、音楽が大好きです。

アーティストが演奏やDJをしているのをみると、感極まって涙が出てしまうこと度々あります。

音楽には私の感情を揺さぶる力(表現)が、リズム・メロディー・ハーモニーによって構成されています。

この3つの要素がうまく組み合わさり、私が受け入れたときに感情は揺さぶられ、多幸感に満たされます。

それを、私はジュエリーに置き換え、必要とする人へ同じような感情の揺さぶりを体験してもらいたいと思っています。

お客様と一緒につくり上げていくうえで、ジュエリーと共にその体験がお客様の記憶の一部分になることを私は望んでいます。

そのためには、上記「here to stayについて」 で書いたように、ラブレターを書くような気持ちでお客様を思うことが大切です。

私の好きなアーティストは言っていました。

「芸術は、ラブレターのようにつくらなければいけない。」

自分で明言するのもなんですが、私はロマンチストです。

お客様と対話しながら、ロマンチックにジュエリーをつくっていきます。その体験がお互いの記憶に残るように。


2020年 5月

here to stay 谷口堅一郎





here to stay  Custom Fine Jewelry(ヒア トゥ ステイ)

住所:〒790-0012 愛媛県松山市湊町4丁目3-7 すがやビル1F

営業時間:午前10時~午後19時 

Tel 089-909-7927 Fax 089-909-7928

定休日:水曜日